【体験プログラム】三瓶在来種のそば打ち体験  モニター開催

 

\\そば打ち体験のご紹介//

貴重な三瓶在来種のそば粉を使った蕎麦打ちを職人さんから教わり、自分で十割そばを打つ体験プログラム。
モニター企画として開催しました。

講師を担当してくださったのは、三瓶蕎麦蕎麦の人気店、「そばカフェYUMOTO(三瓶町)」の小谷さん、「福寿庵(大田町)」の山岡さん。体験後には、実際にご自身で打ったお蕎麦と職人さんの打ったお蕎麦の食べ比べと、山の駅厨房チームがご用意した地元食材を中心に使ったお食事をお召し上がりいただきました。


今回の三瓶蕎麦セットは、三瓶放牧牛や大田のアナゴ、きのっこ村のキノコなど、
旬の地域素材を使いました。
おろしたての三瓶産生わさびももう一つの主役。
デザートには、三瓶の生乳と在来種蕎麦粉を使った、「さんべの地アイス」
も。

モニターの方からいただいたご意見を取り入れつつ、今後、定期的に企画し、こちらでお知らせして行きます。

所要時間:お食事を入れて約3時間

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします